姓名鑑定による吉相印鑑の専門店 seimeikantei.click 宝寿堂 
ひまわり

印鑑の効用

印相学は数多い運命学術のひとつ

印章とは印鑑のことであり、心の鑑(かがみ)である。すなわち姓名に彫り、
それを押印すると、まさしく、姓名そのものとなり生きがえるわけです。 それは、
さらに、その姓名=生命と化し、その人の具象化で、「その人の分身」と考えます。
「印章」を「名前(姓名生命)の住む家」と考え『姓名学』には相があり『印章』
にも同じように相があると、捉えます。「印の主」と「名前」と「印章」との調和
がとれているか否かが、重要なことなのです。□□□□□□□□□□□□□□□□
  ------------◇◆◇----------
「印相開運」は、吉相印鑑により姓名の凶相を直接的にまた間接的に補いながら、
さらに、にその人に必要な運を補強し、積極的に吉相を創り出す方法です。◇◆◇

印相開運学の極意

 それは、印面の構成時に、姓名の持つ凶数を吉数へと変換する(印面の渕に接点を
 設けて増画すること)「接点増画法」や、印面八方位への適切な文字の分配によっ
 て、姓名や宿命星、その他の原因から生じる凶相運を、補う方策が講じられます。
 特に、男性の総画(姓+名)、女性の地格(名前)の凶相は、その増画法によって
 直接、吉相へと変換することが可能です。また接触点の印面八方位への配当を考慮
 することで必要な運気を補強する相を創り出すことも可能になります。
  ------------◇◆◇----------

天徳会提供資料

姓名鑑定による吉相印鑑の専門店 seimeikantei.click 宝寿堂